顕微鏡

たまには授業以外の話題も・・・。

私は時計を分解したとき、顕微鏡でムーブメントを見るのが大好きだ。
理由はよく見えるから。そのまんまの理由だけど(笑)。

顕微鏡で時計のムーブを見ると、ホコリやキズなど、いろいろなものが見えてくる。

ホコリは予想以上に付いている。私はムーブメントが好きなので、よく裏蓋を開けて眺めたりしているが、あまりお勧めできない。
ピンセットで軽く部品をつかむだけでキズが付くことも分かった。

で、ヤフオクで、学校で使っているのと同じ顕微鏡が出ていたので、思わず購入してしまった。
結構な値段だったが、これでショックバネも怖くない!

スケルトン時計の製作-2

えー写真が無いのですが・・・。
引き続きスケルトン時計の製作をした。

時計の地板は真鍮だし薄いので、ヤスリでどんどん削れる。
思わず削りすぎてしまうので注意が必要だ。

裏面の香箱部分は少し凝ったデザインをしてみた。

次回は写真をアップしますよと。

ミヨタ・クォーツ-2

前回分解したミヨタムーブの続きをする。
相変わらずローターを入れるのが難しい。

組みあがったので、テスターで電流値を計測したところ、通常の3倍以上の電流が流れている。
これではNGなので、再度バラして組み立てるが、またしてもダメ。
5回くらいバラシ・組み立てを繰り返し、結局、歯車の不良だったみたいで、部品を交換したらちゃんと動いた。
歯車を顕微鏡で見ただけではどこが不良なのか分からない。

最後にクォーツテスターにかけて、日差、停止電圧、始動電圧を測る。
このテスターなんと50万円くらいするらしい。

ツツカナ締めの製作

 

午前中はツツカナ締めを製作した。
妻折れヤットコの先をヤスリで削って製作する。
最後に焼き入れ、焼き戻しをする。焼き戻しは、アルコールランプでワラ色になるまで熱するが、少しタイミングを間違えると青くなってしまう。

午後からは機械式時計の分解組み立てをする。
ショックバネの入れ方を教わる。とても細かい作業だ。
よくこんな細かい部品を製造できるなと感心。
ショックバネは立てた状態で入れないと入らないのだ。

特殊クオーツの分解組立

わけあって写真が公開できないが・・・
今日は上代5万円以上の時計に搭載されている、ちょっと特殊なクオーツの分解組立を行う。

部品点数が通常のクオーツより多く複雑である。
たぶんシンプルな機械式より部品点数は多いかも。
でもこんなの序の口で、もっと複雑なクオーツもあるとのこと。

例のごとく、カンヌキ、オシドリまわりの組立と、輪列受けをきちんと挿入するのに苦労したが、それさえできれば、あとはカンタン。

それから、先生からいろいろな業界の話も聞けて楽しかったです。

シチズン・クオーツ

今日もクオーツの授業。
本日のムーブは、シチズン製である。

ケースの裏蓋を開け、針を外すところから始める。

最初にネジを3本外せば、あとはほとんどのパーツが乗っているだけ。
メーカーが違っても基本的な構造は同じなので、徐々に分解に慣れてきた。
スケッチをしながら分解を進める。

写真の中心にある歯車以外は全てプラスチックの歯車である。
ピンセットで歯の部分を挟むとすぐにやられてしまうので注意しないと。

洗浄、組立、注油をし、最後にテスターで内部電流を測った。
ちゃんと動作していても、電流値が大きいと、機械のどこかに負担がかかっているとのこと。

ミヨタ・クオーツ

ミヨタムーブの分解組立をする。
見た目は安物のムーブだが・・・このクラスのクオーツにしては珍しく、歯車が金属でできている。

通常、安いクオーツムーブの歯車はプラスチックである。
プラスチックの歯車は、扱いを注意しないと、すぐに歯先が削れたり、けば立ったりしてしまう。

午前中に分解・組立をした。
午後から注油の練習であるが、用事があったので午前中だけ帰る。